Manica Scenica

product line up

CRSG-C/CL

CRSG-C/CL

全身にアクリル材を採用した“フルクリスタル仕様”のSGタイプ。 コントロール部のスイッチでボディとネックに仕込んだブルーLEDが点灯します。 90年代中頃から広まり始めた“クリスタルギター”というジャンルですが、厳密にはネック部はメイプルやマホガニーなど木材が採用されていました。 CRSG-Cは、ステージングに命をかけるショーギタリストに贈る、クリスタルギターの完成形です。 アクリル材はマホガニーの約2倍の比重があり、豊満な中低音と伸びやかなサスティーンが特徴です。 左利き用のレフティモデルもラインナップしました。

さらに詳しく
SHTL-W/WL

SHTL-W/WL

アメリカンアルダーのボディトップに、アバロン(アワビの貝殻)を敷き詰めたテレキャスタータイプのシェルトップギター。 天然素材であるアバロンは、ステージライトの入射角に応じて刻々とそのギラつきを変化させます。 プレイにもルックスにも洗練された個性を求めるギタリストのための1本です。サウンド面では、(弦)裏通しの6連サドル式ブリッジを採用。 豊かな鳴りとピッチの安定性を重視しています。左利き用のレフティモデルもラインナップしました。

さらに詳しく
DBSG-R/RL

DBSG-R/RL

アフリカンマホガニー採用の12弦+6弦。スタンダードな構成のSGタイプダブルネックです。 その豪快なルックスから、クセの強い“奇抜なギター”に分類されがちですが、12弦による深く厚い響きのアルペジオとコードワーク、 6弦によるソリッドなギターソロの組み合わせはバランスが良く、多彩なジャンルの楽曲に対応できるギターです。 往年の名曲を心ゆくまで楽しみたいギタリストから、バンドアンサンブルに新しい可能性を求めるギタリストまで、コレクションに欠かさず加えておきたい一本です。 左利き用のレフティモデルもラインナップしました。

さらに詳しく

brand concept

マニカシェニカ

マニカシェニカ

「人とは違うことがしたい!」反骨心や自己表現欲は、私達ロックギタリストが持つ自然な欲求であり、エレクトリックギターを発展させてきた原動力でもあります。マニカ・シェニカは、このロック黎明期の精神に従い、“3本目のギター”を提供するブランドです。

3本目のギター

3本目のギター

一般的に、メインやサブとなるギターは、ブランド、サウンド、プレイヤビリティが重視され、定番のものに落ち着きます。“3本目のギター”とは、掟破りのアイデアとビジュアルインパクトで、ギタリストの個性を人々の記憶に刻むためのギター。マニカ・シェニカでは、「優秀な“3本目のギター”ほど、常識や定番に背を向ける」と定義しています。

ROCK COMING BACK

Rock Coming Back

昨今、ギタリストはまったく新しい可能性を手にしました。私達のステージは、地元のライブハウスから、動画サイトを通した世界のバーチャル空間へと飛び出したのです。今こそ、ロック黎明期の精神に立ち返り、他人とは違う自分を存分に主張する時です。“Rock Coming Back” マニカ・シェニカがその一助になれば、と心から願っています。